海の工芸美術
白浜海洋美術館

万祝・鶴亀 万祝・宝船
 万祝は江戸文化の影響を受けて房総で生まれました。
 染めは型染めで裾一杯に広がるワイドな絵付けが特徴で、女性が着る留袖のようです。
 船主が船子に、水揚げが千両以上の大漁年にボーナスのような形で年の暮れに反物で贈り、おかみさんが主人の身長に合わせて袷仕立で縫い上げ、翌年一月二日に新しい万祝を着、信仰している神社へお詣りし、船主の家で三日三晩の酒盛りをしたそうです。
 一人の漁師さんは平均三、四着の万祝を持っていたそうです。これを着る風習が昭和30年代までは、残っていました。
 大漁のいわば儀式の時だけに着る万祝は、漁業の世界的な服飾文化の中ではかなり珍しいものです。
 特に当館は万祝のコレクションでは群を抜いており、別名「万祝美術館」とも言われております。

現在当館展示の万祝をご紹介いたします。
模様の違いでざっと分類しております。
適宜入れ替えも致します。是非実物をご覧ください。


 
鶴亀
 
鶴亀
 
宝船
 
鶴亀に松竹梅
 
 
 
左は網元のお坊ちゃま用、右は鯨
 
福島県磐城のものと鮪
 
宮城県気仙沼のもの
 
五人囃子
 
常陸山の土俵入り
 
浦島太郎
 
翁と媼
 
   


海の工芸美術  白浜海洋美術館
〒295-0102 千葉県南房総市白浜町白浜628−1
(野島崎灯台下)
tel/fax 0470-38-4551