海の工芸美術
白浜海洋美術館


美術館外観

概要
 「海洋国日本」の思いを込めて柳八十一夫妻が蒐集したものを1965年に網本茅葺建築で開館。1973年網蔵風の和風建築として現在地に新築開館いたしました。
 江戸から大正にかけて海に関わって美術的に価値の高いものを、千葉県を中心に全国から集め、百点ほど展示しております。
 特に房総半島発祥の大漁半纏、万祝(まいわい)コレクションは必見です。
 先人達の海への心を感じ取って頂けるユニークで個性的な私設美術館でありたいと思っております。

柳 八十一 夫妻(1974年撮影)


美術館内


設立の歴史
’62年白浜に旅行中、偶然海女さん達の休む小屋で柳八十一夫妻は万祝を見つけました。
その美しさに魅了されて、それから万祝と海関係美術工芸のコレクションが始まりました。
約二年間の蒐集の旅があり’65年に開館、’73年に現在地に移転しました。

展示品
●万祝と万祝作家の型紙、大漁奉納絵馬、貝合わせ、参勤交代の大名達が乗った御座船の屏風、船徳利、漁師さん達の手作り道具等
●ペリーとプチャーチン一行の肉筆似顔絵、捕鯨絵巻物、鯨解体の絵巻物等(現在展示していません)


海の工芸美術  白浜海洋美術館
〒295-0102 千葉県南房総市白浜町白浜628−1
(野島崎灯台下)
tel/fax 0470-38-4551